いろいろあるヤツの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
続・山崩しの神
山崩しの神のたたりは、いつも突然やって来る。

神話には極めて少ないが、第一編がなく行きなり続編ということも

引き起こしたり引き起こさなかったり。

とにかくたたりはやって来る。
時は英語のリーディングの授業中。

少し前に実施された単語テストが、

先生の手により返却されているときだった。

私達生徒は自分の席で返却されるのを待ち、

返却された生徒は、自分たちの得点を報告しあったり

している生徒もおり、割と賑やかに返却が行われていた。




私は、一番後ろの座席で、自分の得点は低いと確信しながらも、

しずかに名前が呼ばれ返却されるのを待っていた。






そのときだった。

山崩しの神は、いきなり空席だった私の隣の席を蹴飛ばした。


机は30センチほど後ろに下がり、

椅子は思い切り後ろに跳ね倒れた。


私のすぐとなりで。

私には、残念ながらとっさに対応出来るスキルを持ってはいなかった。

ただただ前を向き、なにも見ていないかのように振る舞うだけだった。


山崩しの神は、その後、

きちんと机と椅子を戻してから、唖然とする周囲を尻目に立ち去った。


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://hannbunnotaku.blog22.fc2.com/tb.php/306-294b6dc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。