いろいろあるヤツの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆秋生様☆お勧めソング紹介(Vol.4)
曲名:ウミドル☆イカドル☆稼いドル

歌手:イカ娘(金元寿子)

収録CD:侵略!イカ娘 キャラクターイメージシングル -これが海への愛じゃなイカ!-

イカちゃん111
最初は書く気は無かった第四彈。

今回はイカ娘のキャラソン、「ウミドル☆イカドル☆稼いドル」です。

同じCDにあるうち、一曲目、

「これが海への愛じゃなイカ!」ではないです。

この曲は、全体的に歌詞がラップ調というかなんと言いますか、「無い。」です。

(単純に私が個人的にそんなにイカ娘は好きではないことも関係していますが)

で、肝心なのは二曲目に収録されている、「ウミドル☆イカドル☆稼いドル」です。

この曲はだいぶ安全。

カラオケで歌っても、「これが海への愛じゃなイカ!」のときのように友人に、

「d=(^o^)=bチェンジ!」

と言われて、歌ってる最中に曲を変えられそうになったりしないでしょう。


この曲の何がいいのか:

第一にはノリがいいという所が挙げられるだろう。

手拍子もすごく入れやすく、まさにイカちゃんがアイドルになっている感じ。

バックで流れるイカちゃんの歌い方もかわいいし、

ドラマCDじゃなイカ?でアイドルをやってみたときにぴったりの曲であることがわかる。


具体的にどこがぐっと来るのか:

すごく細かく言うと、


「ちょっぴりー」



「りー」


「なって見せるふりー」



「るふりー」


とか?


基本的にラ行の発音に注意して聞いてみると、

かなり特徴的な発声をしていることがわかります。

ここがぐっと来るんじゃないかと。


その他:

やっぱり途中に入るセリフっていうのはキャラソンの醍醐味とも言えますね。

カラオケとかで歌うとセリフの部分は基本的に音程がずれることが多いですが。

(男だし仕方ないよね。ものまねでもないし。)

とりあえず上の画像のイカちゃんの手に持ってるマイクに注目

小指を立ててるのもなんか遊びを感じますが、なぜマイクにイカのマスコットが付いているのか

ミニイカ娘のマスコットでよかったんじゃね?っていう疑問がわきます。

どうでもいいですね。ごめんなさい。


まとめ:

正直紹介するレベルのキャラソンではないと思ったけど、

いや、思っていたけど、なかなかいい曲なんじゃなイカ?

と思った次第であります。

もう片方を聞かない分聞いていた曲でもありましたが、まあ十分良曲に値するんじゃないかと。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://hannbunnotaku.blog22.fc2.com/tb.php/331-f6abc382
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。