いろいろあるヤツの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
吸水性ポリマーについて
SAM_0348.jpg


頑張ったほうだと思う。

後ろに映ってる日常ペン立てが斜めなのがちょっとやる気ない。
フィギュアのホルマリン漬け的なのを作ろうと思いまして、

園芸用吸水性ポリマーを買って、ビンに入れてみました。

まず、ポリーマーの素に水を吸水させます。


SAM_0341.jpg


最初こんなんなのが、

SAM_0344.jpg


こういう感じに膨れてきて、だんだん見えなくなってきます。

屈折率が少なくなってくるんですね。


でもって、ビンの中にこれを入れて、

フィギュアを入れて、水を入れたら完成です。

SAM_0353.jpg


こんな感じになります。

とりあえず、小物を宙に浮かせるのがすごく大変です。

あと、フィギュアの周りに空気の泡が付着して、

何か見栄えが悪くなります。

SAM_0354.jpg


さらに、蓋を閉めるときにも空気が入って嫌な感じになります。

一番くじのきゅんキャラを使用していますが、

丸いガラスを使うと、すこし横に伸びて、太って見えます。

つまり、デフォルメ化されたものを入れるに限るということですね。

まあ、四角形のビンなら関係ありませんが。

蓋の色が赤で、赤にライトアップされてしまうのも考えものでした。

こっちは、サブで作ったもの。こっちのほうがうまく行った。

SAM_0349.jpg


SAM_0350.jpg


SAM_0351.jpg



普通に蓋を閉めるときに空気が入ってしまうので、

風呂場なんかで水槽に全部付けてやるのがいいと思います。

小さいほうは洗面器に沈めてだいぶうまくいきました。




まとめ

①蓋は密閉性のある、水漏れの心配のなさそうな奴を選ぼう

②空気が入るといけないので、ビン、ポリマー、フィギュアをすべて水に沈めて、水中で蓋を閉めよう

③大事なのは根気。成功すればイイものになります

④フィギュアを入れる分、ポリマーが余ります
 (私は750mlのビンに750ml分のポリマーを用意しましたが、めちゃくちゃ余りました。)
 ポリマーの量は考えましょう。

⑤丸いビンは、左右に動かすと中身が動く可能性があります。

⑥丸いビンは、フィギュアが太ります

⑦コルク栓は結構良いです。



一言で言うと、結構イイです。なかなか満足感があります。

初めてフィギュアを飾った時的な。


以上、ポリマー研究でした。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://hannbunnotaku.blog22.fc2.com/tb.php/366-42b1aeb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
頑張ったほうだと思う。後ろに映ってる日常ペン立てが斜めなのがちょっとやる気ない。
2012/11/25(日) 04:42:00 | まっとめBLOG速報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。